著作の続きとして

語順感覚を手にいれ、文の要素概念の把握に向かう

楽しんで学びはじめたはずの英語が、次第にわからなくなり
そしてつまらなくなり、学年を追うごとに挫折する生徒が
増えていくのをなんとしても防ぎたいものです。

わからなくなる、その一番の理由は、
英文との十分な接触がない段階で知識をつぎつぎと与えられ、
説明を受けることにあるのではないでしょうか。
外国語を学習するとき、一番大事なことは、
文章が文法的に易しいとか難しいではなく、
まずは内容的に理解できるものであれば、自然な文章に
どんどん触れることだと思います。

どんどん触れて、英文の語順に慣れ、語句の働き、つまり
文の要素の概念を、まずは感覚的に手に入れる。
関係代名詞や過去形や命令文が出てきても関係なく学べるのが
語順訳の特徴です。一定水準の音読は必須ですが、語順訳同様
誰でも挑戦できる活動です。

SVOCと連なった文を見て、日本語との違いを説明されても
そのことがわかるようにはならないのが常でしょう。そこで
問題集を解く練習を重ね、慣れていくことはあっても
文の要素自体の理解はほとんど進まないのではないでしょうか。
S→V→O→Cと言葉が順次登場し、その後を追いかけながら
ルールに従って自分で日本語に訳す行為は、体験として
積み重なっていきます。決して後戻りせず前に進みます。
そうすることで培われるのが、語順感覚と文の要素の働きです。
その二つがしっかりと入ると、いわば植物の根のように、
土中の水分や栄養素を吸収しはじめます。逆に言えば
一般的な学習法では、この根が土に定着し、太くならないうちから
肥料をやりすぎて、根腐りを起こしているように見えるのです。

語順感覚と文の要素こそ、学習の基本となるものと言えるでしょう。